2013年8月アーカイブ

薬剤師は、ふだん私たちも病院で、処方箋をいただき、薬を調合していただくこととなり、何かとお世話になる存在ではありますが、薬剤師にとって、良い薬剤師とはどんな存在か?と考えた時、薬剤師の存在とは、どんな方が良い薬剤師なのか考えていこうと思います。

薬剤師の中には、医師の処方箋の記載ミスを正さず、見逃し、患者さんを死に至らしめたケースもありますから、この場合の薬剤師の存在は、どう考えても、良 い薬剤師とは、いえません。 仮に、何らかの事情があったにしても、薬剤師は薬にプロとして、医師の間違え、記載ミスを見逃してはいけませんし、最悪な場合は、実際おこってしまった ケースのように、患者さんを死亡させてしまう事もありますから、薬剤師として、医師、薬剤師に関係なく、正すべきところは正し、患者さんの命を守る、とい うのが、やはり良い薬剤師ではないか?と考えます。

薬剤師とは、そもそも薬剤師として、処方箋のまま薬を調合するだけでなく、良い薬剤師は、患者さん遺体しての心遣いもきちんと持ち合わせ、尚且つ薬の専門 家としての適切なアドバイスを行える、そうした存在ではないか?と思います。 単に薬を作り、渡す、これでは決して、良い薬剤師とは言えず、尚且つその薬が果たして本当に患者さん為にふさわしい薬なのか?という事もわかりませんか ら、薬剤師は、薬を作り、渡すだけでなく、患者さん一人ひとりに対しての気配りを持ち、その患者さんの具体的な症状、他薬品に関する情報等を確認し、用法 もしくは、要領、養生方法等を伝えるべきなのです。

そもそも、医師の処方に基づき、ただ、単に薬を患者さんへ渡すという事でなく、その薬が果たして本当に患者さんに合う薬か、適切な薬か、医師はなぜ?この薬を選んだか、という事を見極める事も重要となり、その役目をきちんと行わなければ、当然、良い薬剤師とは言えません。 つまり、処方箋を疑うことなく、処方箋通りに薬を調合、『はいお薬』では、良い薬剤師とは、言えないという事。

薬剤師に求められる『論理観』とは、そもそも自らを律し、尚且つ良心や愛情を持ち職能の発揮に努め、生涯にわたり、高い知識と技能の水準を維持するように 積極的に研磨し、先人の業績を顕彰し後進の育成に努める等、様々な論理観が薬剤師に求められる事となりますが、大まかに理解すると、優しく、尚且つ愛情を 持ち、常に向上心を絶やさずに仕事に取り組み、後輩への育成、周りへの協調等を心がけるというのが、薬剤師としての姿であるという事なのです。

<PR>
大学病院の薬剤師求人探しコンシェルジュ
給与が高く勤務形態もそこまで悪くない大学病院の薬剤師の転職のアシストサイト


さぁ夏だ!欲しいものも、行きたいところも、したいことも山のようにたくさんあるのが夏。
夏らしいワンピースにかわいいサンダルが欲しいし、海とかフェスなんかに行きたいし、露出も多くなるからできれば脱毛もしたい。(脱毛はちょっと遅いか。)
とにかくキラキラして見える夏の季節。
思いっきり満喫したい!けど、突きつけられるのは過酷な現実。
そう、お金が無いのです。
そんなに色々できるお金が無いのです。
これでも毎日真面目に働いているし、普段からさほど浪費しているわけでもない。
まぁ安月給ですから限界があるんですよね。
たまにはお金を気にせず買い物したり、遊んだりしたいのになぁ。
この問題の解決策は1つ。バイトしちゃおう!
今の世の中、本業で稼ぎが足りない人がアルバイトで穴埋めをするって言うのはそう珍しいことじゃないらしい。
医療の世界でも、空いた時間にアルバイトをする医師もいるのです。
アルバイトならシフトにも融通がきくから、医師でもプライベートとの両立ができそうです。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク