2012年11月アーカイブ

おうちで上手に味付玉子を作るコツ、知ってますか?

 

ゆで卵作ってつけ汁につけるだけなんですけど、自分がこだわりたいのは「半熟卵」なんです。

あのラーメン屋さんなんかで食べる半熟の味付玉子、おいしいですよね~♪

あれを自分でも作れないかと思いました。

 

簡単じゃん!?と思われるかもしれませんが、半熟卵って意外と難しいんですよね・・・。

うまい具合に半熟にならないんですよ。

なったとしても、白身も柔らかすぎて殻がうまくむけなかったりするんです。

そこでネットで調べてみたら、コツがわかりました!

茹でた後、氷水につけて急速冷却?するそうです。

おかげでおいしい半熟卵ができました。

 

これで調剤業務が忙しくなるこの時期、何とか乗り越えられそうです(笑)!?

今日はあまり知られていない病院薬剤師についてお話ししたいと思います。

「今の自分の症状を和らげるためには、どの薬が一番いいのか分からない」

「どの薬が一番自分の体質に合っているのか」

「薬を服用したら副作用が出てどのように対処すれば良いか分からない」

このような疑問を持ったり、事態に陥ってしまった場合、薬局や病院に勤める薬剤師の人に何かしら尋ねた経験のある人は多いのではないでしょうか。このように、薬局やドラッグストアに勤める薬剤師とコミュニケーションを取ったことのある人は多いでしょう。


かし、薬剤師は何も薬局やドラッグストアだけに勤務しているわけではありません。例えば、病院や診療所などにも、薬剤師は勤務し、重要な役割を担っているのです。

 

では、病院に勤める薬剤師は、どのような業務をを行っているのでしょうか。

 

この病院薬剤師のもっともメインとなる業務は、薬局薬剤師と同様、調剤業務となります。医師の発行する処方箋に基づいて、患者の病態にもっとも適した医薬品を提供したり、医師の発行した処方箋に指示されている医薬品は、病状に対して正であるかどうかのチェックや、患者への薬についての情報提供、つまり服薬指導なども、調剤業務に含まれます。


薬局薬剤師と異なる点の一つに、入院患者のベッドサイドに行って、直接薬についての効き目や副作用などをヒアリングし、医師へのフィードバックを行うことが挙げられます。


また、血液データや臨床検査値をもとに、患者の薬の効き方を確かめ、医師に適切な投与量などを助言する場合もあります。


他に薬局薬剤師と異なる点は、注射剤などの調剤も多いといった点にあります。


いずれにせよ、病院での薬剤師は、医師をはじめとする医療チームの人員の一人として、うまく医師や看護師などと連携を取りながら業務を行うのが特徴であると言えるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク